•  
  • HOME
  •  
  • 会長方針
  •  
  • クラブ紹介
  •  
  • 委員会名簿
  •  
  • 活動計画
  •  
  • 行事予定
  •  
  • クラブ会報
  •  
  •  

会長方針

国際ロータリー

2022〜23年度RI会長

「ジェニファーE.ジョーンズ」のメッセージ

 ロータリーに入会して以来、毎月ロータリーの友が届くのを楽しみにしています。特に、冒頭の会長メッセージ。電子コピーでもいいのですが、それでもやはり椅子に腰かけて雑誌のつやつやの紙面をめくるのは楽しいものです。私たちみんなが大切に思っているこの素晴らしい団体を映しだす写真や忘れがたいストーリーの宝庫ですから。これまで長年にわたり、奉仕プロジェクトや皆さんが変化をもたらした人々の暮らしについて、この雑誌から多くを学んできました。

 コミュニケーションの専門家としては、私たちのストーリーがマスコミで日常的に取りあげられ、機関紙が病院や喫茶店などに置かれて人々に読まれる日がいつか来ることを楽しみにしてきました。ロータリー会員が皆の活動について詳しくなるのは素晴らしいことですが、より多くの人びとが私たちのストーリーを知ってくれたとしたら、そんな素晴らしいことはないのではないでしょうか。

 そんな思いをめぐらせながら、今年度、世界中でロータリーを推進するための計画を練りました。今後12か月間で、ロータリーの奉仕活動の好例となるようなプロジェクトに光を当てていきます。それも、戦略的に。ニックと私は、イマジン・インパクト・ツアーと名づけた、重点分野で最も影響が大きい、持続可能で大規模なロータリープロジェクトに焦点を当てます。

 奉仕したいと思っているけれどもロータリーに参加すれば奉仕活動ができると気づいていない人びとに呼びかけてくれるように一流のジャーナリスト、ソートリーダー(思想的指導者)、インフルエンサーに働きかけます。

 しかし考えるべき重要な問題はほかにもあります。カーボンフットプリント(企業や個人の活動で消費される温室効果ガス排出量)です。私は、環境問題においてロータリーがリーダーシップを取りだしたことを真摯に受けとめています。コロナ渦で会員たちはロータリーが未来を切りひらくためのカギとなる模範を示してくれました。

 つまり、デジタル技術を活用してロータリーストーリーを発信していくのです。関心がある人には誰にでも届くように、ツイート、投稿、「ライブ」を行います。環境への影響を考える必要がある。ということは、そのためにはイベントなどを毎回対面式で行うのではなく、ここ2年間のように有意義な方法でつながり続けることにもなるでしょう。

 もちろん、ロータリアンは人好きですから、交流の機会は必要です。ただ、今までより慎重に計画して、少しだけ違う方法で集まる方法を考えないといけない。例えば、プロジェクトも訪問する予定を立てる、など。

 皆さんにはどういうストーリーがありますか?発信するのを手伝ってくれる人はいますか?皆さんもイマジン・インパクトに取りくみませんか。ストーリーはソーシャルメディアやZoomでも簡単に発信できるかもしれません。クラブや地区で注目すべきプロジェクトを紹介する方法をぜひお考えください。

 ロータリーの奉仕活動と理念がもたらす影響は、私たちみんなが感じています。今こそ、この感覚を世界の人びとと共有する時です。

2022-23年度 国際ロータリー会長 ジェニファーE.ジョーンズ

 

国際ロータリー第2830地区

2022〜23年度RI第2830地区ガバナー

「 田 中 常 浩 」のメッセージ

 

 私はRIのテーマを考えた時、地区のテーマと目標を下記の通りにしました。中核的価値観である、職業・社会奉仕を中心に、親睦、高潔性、多様性、リーダーシップを大切にしながら、ロータリーのイメージ向上のためには、変わらなければならない所は受け入れ、変わらない本質を学びながら、生涯にわたる友人とともに楽しみながら行動し、地域に各クラブにインパクトを与えられる活動を、パストガバナーの力を借りながら、ガバナー補佐、地区委員会委員長・委員、クラブ会長・会員皆で一緒にやりたい。

 

− 地区スローガン −
「ロータリアンの想いを繋ぐ」

 

《地区目標》

  1. 1.退会防止と会員増強(会員基盤の15%を女性会員)
  2. 2.新クラブ結成(衛星クラブ1・ローターアクトクラブ1)
  3. 3.デジタル化の推進(バーチャル参加・zoom活用)
  4. 4.各クラブの将来像を打ち立てる(想像する)
  5. 5.アクトの翼復活(台湾)
  6. 6.公共イメージ向上(テレビ・Facebook・SNS活用)
  7. 7.ロータリー賞へ挑戦(5クラブ以上)
  8. 8.ロータリー財団自動定期寄付の推進
  9. 9.米山記念奨学寄付:特別会計1万円/人、普通寄付3千円/人

 

各クラブが初めに取り組む事は、自分のクラブはどうなのかを知る事が大事だと思います。

 

1.退会防止と会員増強
退会防止の決め手は、会員をクラブに必要と思わせる事、居場所を与える事。影響力のある人に推薦人になって貰い入会を促す。
2.新クラブ結成
趣味が同じ、考えも似ている人同士の集まる新クラブを出来れば一つ以上作る。衛星クラブを結成するために必要なスポンサークラブを探す。
3.デジタル化の推進
My ROTARY登録率70%を目標。地区でzoomに必要な機材は全て揃えて貰う。新型コロナウイルスで対面例会が難しいと思えば、ハイブリッド例会を奨励する。
4.各クラブの将来像を打ち立てる
各クラブ会員数には差がありますが、1年後3年後5年後どうなっているか想像してもらい、会員同士コミュニケーションを取りながら、将来像を語ってもらう。戦略委員会を中心に、クラブの将来像を練ってもらい、広く会員に認知してもらう。
5.アクトの翼復活
二年間途絶えていた台湾への翼復活。インターアクト会員が参加してからの態度、考え方に変化をもたせられる活動である。
6.公共イメージ向上
地域にとってロータリーのイメージはどうなのか。テレビ、Facebook、SNSなどを活用して知って貰う。ロータリーの奉仕活動に参加してもらい、コミュニケーションを取る事でイメージ向上に繋がる。
7.ロータリー賞への挑戦
クラブの活性化にも繋がるので、会長を中心に各クラブ実行委員会を設置する。
8.財団への認知を深めてもらうため、定額寄付の推進、できれば月々500円以上お願いしたい。
9.米山・財団それぞれ寄付クラブを0に、ご協力宜しくお願いします。

 

 以上のように地区目標を持ちました。クラブ活性化がなされ、新クラブができれば幸いです。

 また、ミラクル1200は次年度も継続です。皆様方のご理解をお願いします。これからロータリーのあるべき姿を皆さんと一緒に想像し、歩んで行きたいと思いますので今後ともご指導、ご協力よろしくお願い致します。

2022-23年度 国際ロータリー第2830地区
ガバナー  田中 常浩


  • HOME
  • 会長方針
  • クラブ紹介
  • 委員会名簿
  • 活動計画
  • 行事予定
  • クラブ会報
  • PAGE TOP