•  
  • HOME
  •  
  • 会長方針
  •  
  • クラブ紹介
  •  
  • 委員会名簿
  •  
  • 活動計画
  •  
  • 行事予定
  •  
  • クラブ会報
  •  
  •  

会長方針

国際ロータリー

2018〜19年度RI会長

「バリー・ラシン」のメッセージ

 113年前の創設以来、ロータリーの役割は、世界において、また会員の人生において、絶えず進化してきました。 ロータリーはその初期、会員が親睦と友情を見つけ、地域社会で人びととのつながりを築く方法を提供していました。 その後ほどなくして、ロータリーに奉仕が芽生え、組織の成長とともにその影響も膨らんでいきました。 間もなく、ロータリー財団の支えもあって、ロータリーの奉仕は世界中の家族や地域社会の人々の生活を変えていくようになりました。 活動の成果を高めるために、他団体とのパートナーシップや奉仕の重点分野を生み出しました。 各国政府、国際団体、無数の地元や地域の保健当局と協力して、世界最大の官民協同による保健の取り組み、ポリオ撲滅にも乗り出しました。 ますます多くの会員が、友情だけでなく、人助けのために行動する方法を求めてロータリーにやってくるようになりました。

 ロータリーは今も、そしてこれからもずっと、ポール・ハリスが思い描いた団体であり続けます。 それは、この地球上のあらゆる国の人たちが手を取り合い、自分を超えた素晴らしいことを生み出せる場所です。 その一方で、今日のロータリーは、類まれな不朽の価値を提供してくれます。 それは、才能、そして世界を変えようという熱意をもつ人たちの世界的なネットワークの一員となれるチャンスです。 私たちは、地域社会で行動する力が世界的な影響を生み出し、力を合わせればたいていのことを実現できる能力とリソースを兼ね備えています。

 全世界で、ロータリーはかつてないほど重要な存在となっており、より良い世界を築くその潜在能力は莫大です。 残念なことに、ロータリーがどんな団体でどんな活動をしているのか十分に理解している人は多くはありません。 私たちのクラブ内でさえ、多くのロータリアンがロータリーについて十分に知らず、ロータリー会員であることの恩恵を十分に享受していません。

 ロータリーの奉仕は、人々の人生、そして地域社会を変えるものです。 真に変化を生み出す奉仕をもっと実現するために、私たちは、ロータリーでの自分の役割、そして世界におけるロータリーの役割を、これまでとは違う角度でとらえる必要があります。 公共イメージにもっと重点を置き、ソーシャルメディアを活用して会員基盤を築き、奉仕のスケールアップを助長してくれるパートナー組織に注目してもらう必要があります。 より持続可能な影響をもたらす大きなプロジェクトに力を注ぎ、ロータリー年度や任期を超えた活動の研究と計画に時間を費やす必要があります。 一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があるのです。

 ポール・ハリスが述べたように「ロータリーは、世界平和の縮図であり、国々が従うべきモデル」です。 私にとって、ロータリーは、単なる「モデル」ではなく、インスピレーションです。 ロータリーは、可能性を指し示し、そこに到達する意欲を引き出し、行動を通じて世界の「インスピレーションになる」ために道を拓いてくれるのです。

2018-19年度 国際ロータリー会長
バリー・ラシン

国際ロータリー第2830地区

2018〜19年度RI第2830地区ガバナー

「 今 井 高 志 」のメッセージ

 2018-19年度のバリー・ラシンRI会長のテーマは「BE THE INSPIRATION インスピレーションになろう」です。 RI会長の強い思いがあってのテーマでしょうが、テーマに対する公式の解説は見当たらず、 個人的には、一人ひとりのロータリー観が違うように、RI会長テーマに対する解釈も十人十色で構わないのだと思っています。

 そもそも「INSPIRATION」とは、鼓舞する、奮い立たせるという意味の「INSPIRE(動詞)」の名詞形であり、 「BE THE INSPIRATION」を日本語に訳すと、「(ロータリーのために)ひらめこう、刺激やきっかけになろう」と言うことなのかなと思います。 国際協議会の中でも、RI会長は「そこにも INSPIRATION がある、ここにも INSPIRATION がある」という言い方をしていました。 「BE THE INSPIRATION」について、私は「ロータリー運動を行なうための INSPIRATION は到る所にありますが、 まず皆さんがその INSPIRATION になって下さい」と言うことだと理解しています。

 RI会長テーマを踏まえて、2018-19年度の地区スローガンは「ロータリーの素晴らしさを伝えよう」にしました。 いろいろな場面や状況で、ロータリーの素晴らしさを伝えて、たくさんの仲間を増やしていきたいと思っています。

 世界のロータリーの会員数は順調に増えてきたものの、この10数年間は約120万人で頭打ち状態になっています。 また、日本のロータリーの会員数は約9万人で、ピーク時から3割も減少しています。毎年多数の新会員が入会するのですが、 毎年同じかそれ以上の退会数があり、結局会員数が増えていないという結果となっています。

 会員数の減少に伴い、日本は3ゾーンから2.5ゾーンに減り、RI理事の割り当て数も少なくなり、国際ロータリーにする発言力も弱くなっています。 ひとつのゾーンを維持するためには最低会員数は3万5000人必要だと言われています。 早く10万5000人まで会員数を増やし(戻し)、再び3ゾーンに返り咲きたいというのが日本のロータリーの願いでもあります。

 是非、ロータリーの素晴らしさを伝えて多様性のある人たちに仲間になってもらいたいと思います。 そして、入会して頂いたら、更にロータリーの素晴らしさを伝えてロータリーの虜になってもらいたいと思います。 ロータリーの素晴らしさを伝えるためには、もちろん自分自身もロータリーを学ばなければなりませんし、ロータリーの素晴らしさを感じなければなりません。 いろいろな場面や状況で「ロータリーの素晴らしさを伝えよう」ではありませんか。

 ロータリーの地区の役割は、2830地区41クラブの活性化、元気なクラブ作りを支援することだと思っています。 地区目標として少し欲張って下記の11項目を掲げました。これに取り組むことが元気なクラブ作りに繋がると信じておりますので、目標達成を目指して宜しくお願い致します。

2018-19年度 国際ロータリー第2830地区
ガバナー 今 井 高 志

青森北東ロータリークラブ

会 長   上 野 浩 之

2018-19年度《RI会長テーマ》

バリー・ラシンRI会長 バハマ

 BE THE INSPIRATION
 インスピレーションになろう。

《地区スローガン》

 ロータリーの素晴らしさを伝えよう

2018-19年度 今井高志ガバナーより次の目標が掲げられました。

【国際ロータリー第2830地区2018-19年度 地区目標】

  1. 公共イメージの向上(ロータリーデーの開催)
  2. 会員増強(各クラブ1名以上増強、特に40歳未満の若者と女性)
  3. 地区補助金の全クラブ申請、グローバル補助金のクラブ申請
  4. 新クラブの設立
  5. メークアップの推進(新人ロータリアンのメークアップ料を地区で負担)
  6. ローターアクトクラブの新設と会員倍増
  7. ロータリー財団寄付:一人当たり、年次基金150$、ポリオプラス30$
  8. 米山記念奨学会寄付:一人当たり2万円(特別寄付)
  9. MyRotary登録比率の大幅アップ
  10. 戦略計画委員会の設置
  11. ロータリー賞へのチャレンジ

以上この11項目が今井ガバナーエレクトより提唱されました。
これらを踏まえ青森北東ロータリークラブのクラブ努力目標を次のようににお示しさせていただきます。

クラブ管理・運営委員会

ロータリーの主目的である奉仕活動をするためにはまずは活動する人、参加者がいなくてはいけません。
そのためには楽しい例会とし親睦を深め新会員が例会や行事に参加しやすい雰囲気を作りましょう。
出席率が低くなっている傾向にあるようですから定期的にメークアップの推進を行いましょう。
メークアップの具体的なやり方についても新会員にアナウンスをしましょう。

クラブ強化委員会

会員の数を増やすだけではなく将来、ロータリーのリーダーとなれるロータリアンを探しましょう。
ガバナー目標である会員増強において女性会員、年代の若い方について身近にいないか探してみましょう。
また炉端塾を開催しロータリーについての知識を深めましょう。
またロータリーについて身近なところから宣伝をしましょう。

奉仕プロジェクト委員会

ロータリー活動の中でも重要な五大奉仕(クラブ奉仕、職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕、青少年奉仕)について理解を深め奉仕の実行に努めましょう。
平和公園記念花壇の維持管理に参加いたしましょう。
(CO2削減活動にも繋がります)

寄金プログラム委員会

ガバナーから高い目標が提示されています。
R情報委員長との連携によりR財団、米山記念奨学金寄付への理解を深めていただき寄付者の増大を図りましょう。

広報委員会

ホームページについては創立50週年時に開設されました。
毎月、例会案内など更新され、ただ作っただけのホームページではなく、きちんと機能していると思います。
長峰ガバナー年度に推進されたFacebookに関しては現在、【北東青森】として個人ページで開設されていることから非営利団体として開設し【青森北東ロータリークラブ】として正式な呼称を利用したもので開設したいと考えています。


  • HOME
  • 会長方針
  • クラブ紹介
  • 委員会名簿
  • 活動計画
  • 行事予定
  • クラブ会報
  • PAGE TOP